「あなたの脳のしつけ方」集中力の鍛え方、5つの方法 | 学習塾のブログ「未来の塾」
オンライン英語塾Libra

受験英語のオンライン塾なら30年のキャリアの池田塾にお任せください

英語を基礎から学びたい人はこちら

「あなたの脳のしつけ方」集中力の鍛え方、5つの方法

目次

その1、、まず、自分の脳について知ること。「さあ、今日から受験勉強頑張ろう」と思って、いざ自分の部屋に入り机に向かうと、携帯や、テレビや、ゲームや、雑誌など、気になるものが多すぎてなかなか集中できない、というのはだれでも経験するところです。せっかくやる気になって塾にも通いだしたものの、自宅学習ができなければ効果はあがりません、。自分は注意散漫でどうしようもないと責める必要はありませんやはり最終的に受験の成否は、家庭学習にあるのですそれでは、集中力はどうやれば身に着くのでしょう、それを話す前に、自分の脳がどういう性質なのかをよく知って勉強脳に作り直さなければいけませんご存知でしたか実は脳は、生命の危険を避けるために集中できないようになっているのです、どういうことかというと、人は集中しすぎると、周りがが見えなくなってしまいます。たとえば寒い時にストーブで暖を取りながら勉強していたとして、火が洗濯物などに燃え移って火事にでもなりそうなとき、生命の危険がある場合、それを回避するために脳は様々なことを検知するために集中しにくいシステムになっているのです.

しかし脳科学上それが当たり前のことだとわかれば、生徒をただ叱るだけではなく、もっと生徒に寄り添える指導法があるはずです。それではどうしたらいいのでしょう、「何かおかしいぞ」と、異常検知を察知するのは、大脳の内側面にある、「帯状回」という部分ということです、、この帯状回について知識を持てればきっと集中力をつけるヒントがみつかるはずです。

やらなければと焦れば焦るほど、より緊張感が増し帯状回が周りの物事に過敏になるのだそうです。ですから肝心なのは帯状回を刺激しない環境を人為的に作り出せばいいのですつまり警報装置を作動させる要因を排除すればいいのです。そのための方法論をいくつか紹介しましょう。

    1. その1、、まず、自分の脳について知ること。「さあ、今日から受験勉強頑張ろう」と思って、いざ自分の部屋に入り机に向かうと、携帯や、テレビや、ゲームや、雑誌など、気になるものが多すぎてなかなか集中できない、というのはだれでも経験するところです。せっかくやる気になって塾にも通いだしたものの、自宅学習ができなければ効果はあがりません、。自分は注意散漫でどうしようもないと責める必要はありませんやはり最終的に受験の成否は、家庭学習にあるのですそれでは、集中力はどうやれば身に着くのでしょう、それを話す前に、自分の脳がどういう性質なのかをよく知って勉強脳に作り直さなければいけません。ご存知でしたか実は脳は、生命の危険を避けるために集中できないようになっているのです、どういうことかというと、人は集中しすぎると、周りがが見えなくなってしまいます。たとえば寒い時にストーブで暖を取りながら勉強していたとして、火が洗濯物などに燃え移って火事にでもなりそうなとき、生命の危険がある場合、それを回避するために脳は様々なことを検知するために集中しにくいシステムになっているのです.
    2. しかし脳科学上それが当たり前のことだとわかれば、生徒をただ叱るだけではなく、もっと生徒に寄り添える指導法があるはずです。それではどうしたらいいのでしょう、「何かおかしいぞ」と、異常検知を察知するのは、大脳の内側面にある、「帯状回」という部分ということです、、この帯状回について知識を持てればきっと集中力をつけるヒントがみつかるはずです。
  1. その2、パソコン・スマホは親が預かるか、子供と話し合って勉強中だけ決まった場所に保管する、
    1. スマホは、、親に預けましょう、それが嫌なら、電源を切ってし、勉強中だけ話し合って親が見える場所に保管する、メールチェックは休憩時間におこなう、現代の子供たちは、我々が学生だった時と比べて誘惑が多すぎるので大変です。親御さんは少し理解を持ってあげる方がいいでしょう、私の子供が高校生の時は先生がスマホを没収していました、それが正しい行為かどうかは別にして、その役目は親が受け持つべきです
  2. その3、帯状回を刺激しない方法(1)集中空間を演出する。アロマ
  3. その4、帯状回を刺激しない方法(3)音を流す

その2、パソコン・スマホは親が預かるか、子供と話し合って勉強中だけ決まった場所に保管する、

スマホは、、親に預けましょう、それが嫌なら、電源を切ってし、勉強中だけ話し合って親が見える場所に保管する、メールチェックは休憩時間におこなう、現代の子供たちは、我々が学生だった時と比べて誘惑が多すぎるので大変です。親御さんは少し理解を持ってあげる方がいいでしょう、私の子供が高校生の時は先生がスマホを没収していました、それが正しい行為かどうかは別にして、その役目は親が受け持つべきです

ただパソコンも必ず親の監視のもと使わせてください。今の時代オンラインの塾などタブレットで勉強したりする機会も多いですが子供任せにすると誘惑に負けてすぐユーチューブを見る生徒がいます。たとえ家庭にいて勉強目的であれパソコンは親の監視のもと使わせてください。自分一人で誘惑とは戦えません。

スマホにもどりますが、以前読んだ記事で、1日に、ラインのやり取りの回数と成績の記事を読んだことがあります、驚くことに1日に200回以上してる生徒もたくさんいるそうです。そうなると一日中メールのことばかり考えていて勉強だけではなく生活全体が崩れても不思議ではありません。私は以前実態を知りたくて、生徒にラインのことを聞いたことがありますが、勉強ができる生徒でもラインとの向き合い方でかなり苦労しています。彼らにとってSNSは、切っても切れない状況なので、いたずらに取り上げてしまえばいいというような単純なものではありません。ある生徒から聞いた話ですが、勉強を決意したとき、ラインがどうしても邪魔なので、決別するためにアカウントを変えたり、スマホそのものを変えたりすることがあるそうです。要するに彼らもわかっているのです、彼らには我々大人にはわからない大切な世界があるのです。大人にとって大切なのことは、生徒(子供)を信頼することではないでしょうか、、彼らなりにわかって行動しているのです。見守ってあげましょう。

その3、帯状回を刺激しない方法(1)集中空間を演出する。アロマ

帯状回を刺激しないようにするには意図的にに集中できる空間を演出することです。そのための一つの方法としてアロマがあります、インドのヨガの一つにアロマテラピーというのがあります。私も若い時瞑想をやっていて、アロマテラピーのことは知っていましたが、そんなに大げさなものではなくアマゾンでアロマオイルを簡単に購入できるので、簡単に実践せることができます、ただ柑橘系のアロマが、集中力を高めるにはいいようです。

 

その4、帯状回を刺激しない方法(3)音を流す

空間を演出する方法としてもう一つの方法として音の効果があります。音が聞こえないと勉強に支障が出るという場合は、音楽ではなく環境音にしましょう。私は受験の時深夜ラジオを聞いていて、いわゆるながら勉強をしていたせいで今でも、その癖は抜けません。音も帯状回を刺激するという点では同じです。自分の好きな歌手の歌を聴きながらは決して勉強には向きません。ながら勉強は絶対やめてください。その代り自然の音を聞くのはリラックス効果があります、。波の音や川の音など環境音を聞く勉強は、音を遮断して勉強するより効果があります。私のお勧めはyoutube

ですが,youtubeにはいろいろな環境音がそろっていて勉強に集中できる森の音など実に多岐にわたっていますが、そうなるとスマホという別の妨害者を近くに置くことになるのでモーツァルトなどのクラッシックでもいいかもしれません。

 

Follow me!

タイトルとURLをコピーしました