Bizmapで社会人向け「英語基礎講座」開設にあたって「社会人の英語勉強の在り方」 | 学習塾のブログ「未来の塾」
オンライン英語塾Libra

受験英語のオンライン塾なら30年のキャリアの池田塾にお任せください

英語を基礎から学びたい人はこちら

Bizmapで社会人向け「英語基礎講座」開設にあたって「社会人の英語勉強の在り方」

英会話

BIZMAPSは国内最大級の企業情報プラットフォームです

担当の方から、160万を超える登録企業に向けて社会人向け英語研修を担当してもらえないかというオファーです。

私は数年前から、塾生向けに造ったイーランニングサイト「オンライン英語塾Libra」の講座は一般人でも使える内容にこだわっていたので、やっと自分の努力が正当に評価されたことにうれしくてしかたありませんでした。

具体的にはこれからですが、先日プレゼンした際、担当の方に喜んでいただけたので私も期待しています。

今日は社会人が英語の勉強を本格的に学ぶにあたってどのように勉強すればいいのかということで書いてみようと思います。

社会人の英語勉強の動機付け

社会人が英語を勉強しなければならなくなる理由についてまとめると次のようになります

1、海外出張しなければならない

これに当てはまるビジネスマンは大手の企業に勤めている方で、大学もかなりのレベルを卒業しているかかが多いので英語の基礎力はすでにお持ちかもしれません。

 

2、海外の情報をいち早く入手しようと思っているビジネスマン

これははっきり言って現代のネット社会においては、すべての人に当てはまると思います。

私の体験で言うと、私は、ネットについては全くの素人でしたが、海外の情報は日本語の情報と同じくらい目に入ってくるのでいち早くLMSの知識を身に着けアメリカの新しい会社であるLifterLMSという会社に出会えたことができたのがすべての始まりでした。私はITの知識はなかったけれど英語に対する障害をあまり意識しなかったので最先端の情報を手に入れることができました。ですからLMS(ラーニングマネージメントシステム)の知識を手に入れていち早くイーラーニング市場に打って出ることができたのです。この知識は私には数百万円の価値がありました。というのは以前教育ICT展示会に出席した際IT業者に見積もりを出したところ200万から500万の見積もりを頂いたことがあるのです。

ところがMoodleというオープンソースを使えばおかねはかからないのです。わたしにとってこのmoodleは越えられない壁でした。プログラミングの知識が不可欠なのです。私はそのあとワードプレスに出会いその後LifterLMSに出会ったのです。わたしの体験からも、英語力の有無が会社の利益に直結することはあきらかです。

社会人が身に行けるべき英語の基礎力(英会話偏重主義の弊害)
ビジネスマンもそうであるが英語の勉強を始めようと思うとき、ほとんどの方がオンラインも含め、英会話学校に申し込みをしま
す。意気込んで初めても、途中で挫折して辞めてしまうのが関の山です。英会話学校は最後の仕上げに使うべきです。そもそも海外に出かけたり、職場に外国人がいない環境なら英会話学校に通う理由はありません。まず始めるべきは、中学レベルの文法からやり直すべきです。

私がこの度「オンライン英語塾Libra」で始める「社会人向け英語基礎講座はクイズレットを用いた英作文を瞬時にできるようにするメソッドです。
社会人向けの英語教材で「瞬間英作文」というベストセラーがありますが、このてきすとの
瞬間英作文」とは、中学で習うレベルの文型で簡単な英語をスピーディに、大量に声に出して作るというものです。文型ごとに中1・中2・中3のレベルに分けて付属のCDと一緒にトレーニングしていきます。簡単な英文さえ反射的には口から出てこない、相手の話す英語は大体わかるのに自分が話すほうはからきしダメ、という行き詰まりを打破するのにとても効果的なトレーニング方法です。(引用)
私に造った教材はまさにこの「瞬間英作文」のコンセプトと同じです。中学生用に造りましたが、中学生はクイズレットを使えばまさに英会話レベルまでスキルアップできるのに残念ながらそこまで使ってくれません。クイズレットの自動機能を使えば日本語から英語に代わるまでの技化数秒の間に言えるようにすればかなりの実力が身に付きます。ですから私の教材は大人にこそ使ってもらいたいのです。教材の中身は文法ごとに整理した英作教材が中1から高1まで4年分そろっています。

オンライン生には無期限で利用できるようにしてあります、ぜひ皆さんに使っていただきたいですBIZMAPSで採用されれば池田塾も一気にメジャーになれるのでたのしみです

オンライン英語塾「社会人向け英語基礎講座」

Follow me!

タイトルとURLをコピーしました