【上級者向け】オンライン英会話ベストティーチャー | 学習塾のブログ「未来の塾」

【上級者向け】オンライン英会話ベストティーチャー

オンライン英会話
スポンサーリンク

 

英語資格試験対策をオンライン英会話で。ベストティーチャー


9か月続けるだけで、仕事と育児をしながら、英検一級に合格しました、(体験者。S.Nさん)
オンライン英会話の特集を書きながら、自分に合ったものはどれかを

検証する中で、私が選んだ{私が受講したいオンライン英会話として、挙げたいのが今回お勧めするベストティーチャーです。

目次

  1. 1, ベストティーチャーの特長
  2. 2, この講座で何が達成できるか
  3. 3, 各種検定の上級検定対策として(各種検定対策コース)16,500円
  4. 4, 本格的英会話力をつけたい方、(通常コース)12,000円
  5. 5, ビジネス英語上級者向け(NIKKEIコース)13,500円
  6. 6, 学習塾への導入
  7. 5, ビジネス英語上級者向け(NIKKEIコース)13,500円
  8. 日経グループの最新ニュースを用いた英語のインプット(読む・聞く)とアウトプット(書く・話す)が同時に鍛えられるビジネスにも役立つコースです。実際、導入企業は多くみずほ銀行、読売新聞、三井住友銀行、大成建設Will GROUP,
    アウトソーシングテクノロジ、イーガーディアンなどの一流企業が①、内定者・新人研修②、昇格候補者研修④、管理者・経営者層向け研修、⑤、海外現地社員向け研修。など各種研修で利用している。
  9. 6, 学習塾への導入
  10. ベストティーチャーはライティング→添削→スピーキング}なので文法的にもちゃんと指導してくれるので学習塾の導入プログラムも充実している。実際SAPIXや代ゼミもオンライン英会話として導入している。
  11. 7、無料体験
  12. 無料体験と言えども、ただ何となく雰囲気になれるというレベルではなく自分が書いた英文を添削してもらい。トレーニング・スピーキングの練習をするので本番そのものなのでちゃんと勉強した実感を持ちそのまま本格レッスンに進むことができるので、半年後にはかなりのスキル向上が期待できる。
    私自身、英語専門塾を運営しながら、普段、生の英語に触れることがないので、ぜひ、自分自身のスキルアップのためにベストティーチャーを受講したいです。

1, ベストティーチャーの特長

何といっても他のオンライン英会話と違うのは、英作重視ということです。
まず最初に、宿題としてテーマごとに、自分だったらどう答えるかを英文で書きます。
その後、その英文を行使が添削したのち、オーバーラッピングやシャドィング・ディクテーションをしながらトレーニングをしたのち本格的なスピーキング練習をするので、フリートークのように言葉に詰まって黙ってしまうことがないのです
つまり、{ライティング→添削→スピーキング}と確実にアウトプットしながら練習するので無駄がなく4技能を確実に身に着けることができます

2, この講座で何が達成できるか

この講座はコースによっていろいろな目的に利用できますが間違いなく上級を目指される方向けです。

3, 各種検定の上級検定対策として(各種検定対策コース)16,500円

 




TOEFL iBT対策コースIELTS対策コース
TOEIC SW対策コー
TEAP対策コース
GTEC CBT対策コー
英検®️対策コース
英検/IELTS/TOEFL iBT/TOEIC/TEAP/GTEC CBTの各英語試験対策コースが用意されているので体験者の声を聴くと英検一級に合格した人や、TOEIC・TOEFLで最高得点が出せた人など多数の体験者の声を聞くことができます

4, 本格的英会話力をつけたい方、(通常コース)12,000円

WritingとSpeakingを両方学びたいならベストティーチャー(Best Teacher)

普通、英会話スクールでは会話練習にはフリートークが行われるが、マンツーマンでも

何を話せばいいかわからなくなって、その都度先生のアシストで何となく乗り切っているという場面が多いと思われますが、自分が書いた原稿がそのまま教材になるので、アウトプット教材としては最適です。

5, ビジネス英語上級者向け(NIKKEIコース)13,500円




日経グループの最新ニュースを用いた英語のインプット(読む・聞く)とアウトプット(書く・話す)が同時に鍛えられるビジネスにも役立つコースです。実際、導入企業は多くみずほ銀行、読売新聞、三井住友銀行、大成建設Will GROUP,
アウトソーシングテクノロジ、イーガーディアンなどの一流企業が①、内定者・新人研修②、昇格候補者研修④、管理者・経営者層向け研修、⑤、海外現地社員向け研修。など各種研修で利用している。

6, 学習塾への導入

自分が話したいことを英語で書いて、話せるオンライン英会話のベストティーチャー(Best Teacher)

ベストティーチャーはライティング→添削→スピーキング}なので文法的にもちゃんと指導してくれるので学習塾の導入プログラムも充実している。実際SAPIXや代ゼミもオンライン英会話として導入している。
7、無料体験
無料体験と言えども、ただ何となく雰囲気になれるというレベルではなく自分が書いた英文を添削してもらい。トレーニング・スピーキングの練習をするので本番そのものなのでちゃんと勉強した実感を持ちそのまま本格レッスンに進むことができるので、半年後にはかなりのスキル向上が期待できる。
私自身、英語専門塾を運営しながら、普段生の英語に触れることがないので、受験英語以外に触れることがないのでぜ時自分自身のスキルアップのためにベストティーチャーを受講したい。

何を話せばいいかわからなくなって、その都度先生のアシストで何となく乗り切っているという場面が多いと思われますが、自分が書いた原稿がそのまま教材になるので、アウトプット教材としては最適です。

5, ビジネス英語上級者向け(NIKKEIコース)13,500円

日経グループの最新ニュースを用いた英語のインプット(読む・聞く)とアウトプット(書く・話す)が同時に鍛えられるビジネスにも役立つコースです。実際、導入企業は多くみずほ銀行、読売新聞、三井住友銀行、大成建設Will GROUP,
アウトソーシングテクノロジ、イーガーディアンなどの一流企業が①、内定者・新人研修②、昇格候補者研修④、管理者・経営者層向け研修、⑤、海外現地社員向け研修。など各種研修で利用している。

6, 学習塾への導入

ベストティーチャーはライティング→添削→スピーキング}なので文法的にもちゃんと指導してくれるので学習塾の導入プログラムも充実している。実際SAPIXや代ゼミもオンライン英会話として導入している。

7、無料体験

無料体験と言えども、ただ何となく雰囲気になれるというレベルではなく自分が書いた英文を添削してもらい。トレーニング・スピーキングの練習をするので本番そのものなのでちゃんと勉強した実感を持ちそのまま本格レッスンに進むことができるので、半年後にはかなりのスキル向上が期待できる。
私自身、英語専門塾を運営しながら、普段、生の英語に触れることがないので、ぜひ、自分自身のスキルアップのためにベストティーチャーを受講したいです。



スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました