吉田松陰Mind009 逆境に礼を言う Yoshida Shoin Mind 009 Thanking adversity

目次

  1. 吉田松陰Mind009 逆境に礼を言う 鉄は何度も熱い火の中にいれられて、 何度も堅いか金槌でたたかれて、はじめて名刀に仕上がります 素晴らしい人生の送り方もよく似ています 何度も繰り返されるきわめて不都合で、ありがたくない経験の数々が、 旅路を美しく輝かせてくれるのです
  2. 英訳 Yoshida Shoin Mind 009 Thanking adversity
  3. Iron must be repeatedly placed in a hot fire. Only after it has been beaten repeatedly with a hard hammer can it be made into a great sword. The way we live our wonderful lives is very similar. 池田のコメント 逆境といえば、前回勉強した、西郷隆盛を思い出します。 彼は薩長同盟の立役者ですが、彼は坂本龍馬からその話が持ち掛けられた時、流刑で沖永良部島に投獄されていました。 帰ってくる見込みがなかったところ、大久保利通が、島津久光に命を懸けて連れ戻すよう懇願して初めて、薩摩に帰ることができたのです。 彼が逆境にあり、島の牢屋生活でもう帰れないという絶望感に浸っていながら、天の働きで、安政の大獄から免れることができたし、 なにより、書道家や漢詩の名人になることができたのは、投獄中に書道家であり漢詩の名人である師匠から学ぶことができたのです。 私は彼の人生について学んだ時、西郷の熱い志と誠実な人間性を知りました。 そんな時、天は絶対に必要な人材は見放さないし、逆に逆境を与えてその人物をあえて磨かれるのです。 彼こそまさに今日のテーマにピッタリの人物だと思います。 英訳 Ikeda’s comment Adversity reminds me of Saigo Takamori, whom we studied last time He was a key figure in the Sa-tcho alliance, but he was in exile and imprisoned on Okinoerabu Island when Sakamoto Ryoma approached him about it. When there was no hope of his return, it was only when Okubo Toshimichi begged Shimazu Hisamitsu to risk his life to bring him back that he was able to turn him back to Satsuma. Above all, he was able to learn from his master, a master calligrapher and master of Chinese poetry, during his imprisonment. When I learnt about his life, I discovered Saigou’s passionate aspirations and integrity as a human being. He is precisely the right person for today’s theme. (YS009)逆境に礼を言う
  4. 吉田松陰Mind 009cnte8l?逆境に礼を言う 鉄は何度も厚い火の中にいれられて、 何度も堅いか金槌でたたかれて、はじめて名刀に仕上がります 素晴らしい人生の送り方もよく似ています 何度も繰り返されるきわめて不都合で、ありがたくない経験の数々が、 旅路を美しく輝かせてくれるのです

吉田松陰Mind009 逆境に礼を言う 鉄は何度も熱い火の中にいれられて、 何度も堅いか金槌でたたかれて、はじめて名刀に仕上がります 素晴らしい人生の送り方もよく似ています 何度も繰り返されるきわめて不都合で、ありがたくない経験の数々が、 旅路を美しく輝かせてくれるのです

英訳 Yoshida Shoin Mind 009 Thanking adversity

Iron must be repeatedly placed in a hot fire. Only after it has been beaten repeatedly with a hard hammer can it be made into a great sword. The way we live our wonderful lives is very similar. 池田のコメント 逆境といえば、前回勉強した、西郷隆盛を思い出します。 彼は薩長同盟の立役者ですが、彼は坂本龍馬からその話が持ち掛けられた時、流刑で沖永良部島に投獄されていました。 帰ってくる見込みがなかったところ、大久保利通が、島津久光に命を懸けて連れ戻すよう懇願して初めて、薩摩に帰ることができたのです。 彼が逆境にあり、島の牢屋生活でもう帰れないという絶望感に浸っていながら、天の働きで、安政の大獄から免れることができたし、 なにより、書道家や漢詩の名人になることができたのは、投獄中に書道家であり漢詩の名人である師匠から学ぶことができたのです。 私は彼の人生について学んだ時、西郷の熱い志と誠実な人間性を知りました。 そんな時、天は絶対に必要な人材は見放さないし、逆に逆境を与えてその人物をあえて磨かれるのです。 彼こそまさに今日のテーマにピッタリの人物だと思います。 英訳 Ikeda’s comment Adversity reminds me of Saigo Takamori, whom we studied last time He was a key figure in the Sa-tcho alliance, but he was in exile and imprisoned on Okinoerabu Island when Sakamoto Ryoma approached him about it. When there was no hope of his return, it was only when Okubo Toshimichi begged Shimazu Hisamitsu to risk his life to bring him back that he was able to turn him back to Satsuma. Above all, he was able to learn from his master, a master calligrapher and master of Chinese poetry, during his imprisonment. When I learnt about his life, I discovered Saigou’s passionate aspirations and integrity as a human being. He is precisely the right person for today’s theme. (YS009)逆境に礼を言う

パスワードYS009

吉田松陰Mind 009cnte8l?逆境に礼を言う 鉄は何度も厚い火の中にいれられて、 何度も堅いか金槌でたたかれて、はじめて名刀に仕上がります 素晴らしい人生の送り方もよく似ています 何度も繰り返されるきわめて不都合で、ありがたくない経験の数々が、 旅路を美しく輝かせてくれるのです

英訳
Yoshida Shoin Mind 009 Thanking adversity

Iron must be repeatedly placed in a hot fire.
Only after it has been beaten repeatedly with a hard hammer can it be made into a great sword.
The way we live our wonderful lives is very similar.
池田のコメント
逆境といえば、前回勉強した、西郷隆盛を思い出します。
彼は薩長同盟の立役者ですが、彼は坂本龍馬からその話が持ち掛けられた時、流刑で沖永良部島に投獄されていました。
帰ってくる見込みがなかったところ、大久保利通が、島津久光に命を懸けて連れ戻すよう懇願して初めて、薩摩に変えることができたのです。
彼が逆境にあり、島の牢屋生活でもう帰れないという絶望感に浸っていながら、天の働きで、安政の大獄から免れることができたし、
なにより、書道家や漢詩の名人になることができたのは、投獄中に書道家であり漢詩の名人である師匠から学ぶことができたのです。
私は彼の人生について学んだ時、西郷の熱い志と誠実な人間性を知りました。
そんな時、天は絶対に必要な人材は見放さないし、逆に逆境を与えてその人物をあえて磨かれるのです。
彼こそまさに今日のテーマにピッタリの人物だと思います。
英訳
Ikeda’s comment
Adversity reminds me of Saigo Takamori, whom we studied last time
He was a key figure in the Sat-cho alliance, but he was in exile and imprisoned on Okinoerabu Island when Sakamoto Ryoma approached him about it.When there was no hope of his return, it was only when Okubo Toshimichi begged Shimazu Hisamitsu to risk his life to bring him back that he was able to turn him back to Satsuma.
Above all, he was able to learn from his master, a master calligrapher and master of Chinese poetry, during his imprisonment.
When I learnt about his life, I discovered Saigou’s passionate aspirations and integrity as a human being.
He is precisely the right person for today’s theme.
(YS009)逆境に礼を言う

Follow me!

スポンサーリンク