フロントページの続き、 | 学習塾のブログ「未来の塾」
オンライン英語塾Libra

受験英語のオンライン塾なら30年のキャリアの池田塾にお任せください

英語を基礎から学びたい人はこちら

フロントページの続き、

Quizletによる教材が充実してくるにつれて池田塾の指導法は劇的に変化した。Quizletは、語学専用アプリなので、音声機能がついているため、私がLLで実践していた指導法よりはるかに効率的である。そしてLLシステムの代わりに生徒用のパソコンを購入して生徒に徹底指導することに決め、デジタルLL=DiLLシステムと命名して現在も独自コンテンツの開発に努めている。ある業者の方がMoodleと言いうものを教えてくれてこれがすべてのカギになると思い。早速本を購入したものの、私にはまったくわからない世界でした。ただそれは、LMS(学習管理システム)を構築するものだとわかっただけに終わりました。Moodleroomという商品もありましたがこれも初期投資やランニングコストがかかるもので学習塾には向きません。無料にこだわり探していると、googleclassroomやマイクロソフトLMSというものがありましたがこれはすべて学校法人向けで学習塾には導入ができないものばかりでした。しかも、その当時文科省や経産省が、学校に本格的に導入するためのプラットフォームを構築する動きもあり、学習塾にとっては、絶望的な未来が待っているということに気付いたのです。国の方針で。学校のクラウド化に本気で取り組む姿勢は。大手の学習塾産業にとってはチャンスとしてとらえられ。LMSの開発や各種塾向けのアプリ開発が進んだようです。今2020年コロナ禍にあって、当時からクラウド化に取り組んできたところは現在のようにリモート学習が普通に言われる世の中になってまったく困ることはないはずです。Classiをはじめすべての環境が整っているにもかかわらず学校の対応は遅すぎます。我々学習塾にとっては学校がもたもたしてくれるのはありがたいことですが、学習塾と言っても、資本のある大手予備校や、IT企業には校紀かもしれませんが我々私塾は、逆に危機的状況にあります。私は、2019年に倒れる前からこうなることは予想していました。

 

このサイトで扱う内容は、1、#英語、2、#受験、教育一般、3、#教育ICT,5,#イーラーニング6、#オンライン7、#教育指導要領、8、#大学受験。と9、最後に私の体験を踏まえた#脳梗塞に関する#健康面についてである。アフィリエイトについては、全く素人から始めますので、温かい目で見守ってください。

フロントページ続きNo3

オンライン英語塾Libraの開設

それまで反転授業用として使っていたマイクロソフトのオフィス365は有料で、月々のサブスクリプションが発生するため、全生徒に負担してもらうにはかなり無理があったため、それに代わるものを作らなければならなかった当時は、今もそうかもしれないけど、ITリテラシーが低くその仕組みをどう構築すればいいかわからなかった。当時イーラーニングアワードという組織がイーラーニングに関する情報を発信していて教育に関する講演会がたくさんあったので、東京まで見に行きました。当時、教育指導要領がちょうど変化するときだったので、その情報収集のためにかなり勉強になりました。その会場でたくさんのIT企業の人に出会いました。いろいろな提案を受けましたが、初期投資が大きいものばかりなのであまり参考になりませんでした。少子化の中で厳しい状況下にある学習塾にとって高額な設備投資ができる状況ではないし、それを導入したことによる経済効果も不透明です。それなら生徒への経済負担をなくすには無料のものを探すしかありませんでした。

SMSとの出会い。

 

タイトルとURLをコピーしました