フォニックスの指導法 目次 | 学習塾のブログ「未来の塾」
オンライン英語塾Libra

受験英語のオンライン塾なら30年のキャリアの池田塾にお任せください

英語を基礎から学びたい人はこちら

フォニックスの指導法 目次

Amazon APIのアクセスキーもしくはシークレットキーもしくはトラッキングIDが設定されていません。「Cocoon設定」の「API」タブから入力してください。

フォニックスの指導法https

pdfになります。今後、フォニックスを指導される先生のために、私のノウハウを全て公開いたします。

フォニックス指導法、(ILE池田塾の場合)
</iframe>=”]

1、下準備、教材教科書    アクティブフォニックス

DVD「ビデオでフォニックス」全4巻

2、                     アルファベットカードの準備

3、                     クイズレットの準備

4、第1段階       アルファベット名前読み・書き方の導入

(1)アルファベット大文字・書き方導入(歌アルファベットの歌)

(2)アルファベット小文字・書き方導入

(3)名前読みの練習大文字クイズレットの使い方

前半A~J,  後半K~Z

(4)名前読みの練習小文字クイズレットの使い方

前半a~j  後半k~z

 

5、第2段階フォニックスの導入

(1)「ビデオでフォニックス」の1巻を見せる

{フォニックスアルファベットの歌」か「^フォニックスチャンツ」

アルファベットは音読みと名前読みからなっている、名前読みを覚えても英単語を読むことはできない、ことを説明する。

(2)カードかクイズレットで1文字音読みの定着

(3)AからZまで60秒以内で合格ここは徹底する

(4)松香フォニックスの切り取り用フォニックスカードを使う

(5)有声音と無声音の説明と兄弟音の説明b-p、f-v、t—dなど

6、フォニックス1文字読みの段階的・練習とクイズレットの使い方。

7、フォニックス1文字読み

8、フォニックス10級子音p、b、c、k、qu、t、d

9,フォニックス9級フォニックスの1文字読みと母音の組み合わせ、ローマ字・フォニックスの導入

「ビデオでフォニックス1巻2話「母音」を見せて子音+母音の練習

日本語のローマ字とは異なることの徹底ア、イ、ウ、エ、オではなく、ア、イ、ア、エ、オとなる。

クイズレット・カードの作り方。の解説。

10、フォニックス10級の練習聞き取りディクテーションの練習

11、フォニックス8級、子音c、s、n、h、m、j の導入。

12、フォニックス7級残りの子音r,,l,,z,,f,,v,,x,,y

13,すべての子音と母音の組み合わせの練習と3文字英語の完成

14、ここまで来たらフォニックス検定テストを実施し。3文字英語がくりあーできるようにする。

Follow me!

タイトルとURLをコピーしました